札幌市学級経営研究会は今年で23年目を迎える少し歴史のある団体です。より良い学級経営をめざして学習会、研究授業、そして夏・冬の研修を企画しています。無理なく、みんなで、困ったときは助け合いの精神を大切に、子どもたちのために少しでもプラスになればと思って活動しています。このサイトでは、広報居場所や会員特典コンテンツの掲載情報リストもご覧いただけます。

主な活動

研究大会、研修会、事務局会議や学習会等のお知らせと開催記録です。

研究大会
授業作りを通して学級経営について学びます。
夏・冬の研修会
夏と冬に講師の先生をお招きして最新の技術を学びます。
学習会
会員・事務局メンバーが中心となって情報を交換し、スキルアップを目指します。
事務局会議
研究会の運営について考えたり、事務を行います。メンバーも募集中です。

学級経営・授業作り・校務に役立つ情報

 学期末・年度末になると成績表を整理して通知表を発行します。多くの場合「所見欄」があって、その学期に子どもが頑張ったことや大きく成長したことを書いていきます。中には課題も書く場合

会員・事務局スタッフを募集しています

 札幌市学級経営研究会では一緒に学級経営について学び合う会員と、運営する事務局スタッフを募集しています。よりよい学びの場を一緒に作っていきませんか?学校関係者であれば校種や役職は問いません。また、期限付教諭や、大学生、大学院生の方も大歓迎です。札幌市以外に勤務されている先生もいます。詳しくは事務局スタッフ募集のページをご覧ください。

また、会員につきましても札学経Q&Aを参照してご検討ください。みんな、無理のない範囲で活動しています。興味のある方は、お電話やメール、研修会等で事務局スタッフにお気軽にご相談ください。

お知らせ今年の研究大会は10/30(月) 札幌市立前田北小学校で開催します。
速報!冬の研修会の講師が決まりました!
1月12日(金)早稲田大学教育・総合科学学術院教授
河村茂雄(かわむら しげお)先生
教育文化会館 305号室
定員150名ですが、早い時期に満席になることが予想されます。

各種お申し込みはこちら