札幌市学級経営研究会は、より良い学級経営を目指すために研修会や学習会、研究大会を行っています。現在、企画の準備や運営で一緒に活動できる先生(事務局スタッフ)を募集しています。現在5名ほどで運営しているため1人でも加わっていただけると本当に嬉しいです!どんな感じかな?とお考えの先生は、ぜひ事務局までお声をかけてください。

事務局はこんな活動をしています

 月1回程度の事務局会議を実施し、企画や運営を行っています。それぞれ参加できる範囲内で活動しています。ぜひ一緒に活動してみませんか?

① 夏と冬の研修会の企画・準備

 札学経では夏休みと冬休み学級経営に生かせるスキルを身に付けるために研修会を行っています。講師の先生と打ち合わせをしたり、案内広報の作成や発送、資料や名札の準備、受付、会場設営などを行っています。講師の先生との懇親会などを行うこともあります。

 なお、事務的な仕事はICT化を進めてかなり効率的になっているので、それで忙しくなるということはありません。

② 秋に実施している研究大会の企画・授業作り・運営。

 学級経営の課題を改善し、成果を積み上げるために秋に研究大会を開催しています。現在は、北翔大学大学院生涯学習学研究科教授研究科長の山谷敬三郎先生をアドバイザーに迎え、Q-Uも生かしながら、授業作りに生かせるように考えています。当日の運営や案内広報の発送なども行います。

③ 広報『居場所』やホームページによる広報活動。

 年4回ほど広報を発行しています。研修会や、学習会、研究大会について札幌市庁内メールで発送しています。

④ その他、学習会、日常実践や情報交流。

 年2,3回ほど学習会を行っています。日ごろの成果と課題について交流しながら、無理なくスキルアップを目指しています。

忙しいのは嫌だ!でも、スキルはアップしたい!

 どこの研究会でも所属するとそれなりに仕事が分担されて、何もしないことに比べるとやることは増えてきます。それが忙しいと感じるかどうかは人それぞれですが、月1回程度の集まりで、しかも都合に合わせてできる範囲での参加ですのでそんなに負担は感じません。研修を兼ねていると思えばこれほど負担が少なく、しかも充実した学びができるものはなかなかないかもしれません。

他校に相談できる仲間が増える!

 事務局スタッフがやっていて良かったなと感じていることは、いつでも相談できる仲間が他校にも増えるということです。また、研修会では講師の先生とたくさんお話しすることができ、勉強になります。何より日常の実践につながる技術をたくさん学ぶことができます。学習発表会や授業作りで「あれが欲しいな!」というものがあるときもこのネットワークで結構解決できます。

事務局に参加してみようかな

まずは見学やお手伝いなどからでもご参加いただけます!

メール、お電話等でお知らせください。大歓迎です。まずは事務局会議のご見学、研修会等の準備のお手伝い等からでも結構です。ご都合に合わせてご参加ください。

お問い合わせ先

 事務局への連絡に便利なメールフォームを用意しております。なお、ここで入力された情報は、当会の運営のみに使用させていただきます。

 送信完了メールが届かない場合は、メールアドレスの誤入力または、迷惑メール扱いとなっている場合があります。お手数ですが、再度送信していただくかお電話等でご確認ください。